« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木曜日)

“セブンスターの木”の気持ち

セブンスターの木。

この木に着いた時、誰もいなかった。

静かな風景。

しかし、その1分後・・・

大型の観光バス到着。

某国の団体旅行客が大勢押し寄せてきた。

品のない振る舞いではしゃぎまくっている。

セブンスターの木は、こう思っているに違いない。

「もう、勘弁してくれよ!」pout

Dscn2036

2011年6月29日 (水曜日)

北西の丘

北西の丘を走っていると、ピラミッド出現。

Dscn2024

展望台でした。

展望台に上がり丘の撮影。

Dscn2026

Dscn2028

Dscn2025

2011年6月28日 (火曜日)

あ~懐かしい!ケンとメリー

今の若い人は車に興味がない人が多いようですが、

我々昭和世代は、車に対する憧れは強かった。

トヨタ VS 日産=スカイライン VS セリカ だった。

公害問題が凄かった時代で、世界一厳しい日本の排気ガス規制により、

日産はツインカムエンジンを製作できなくなり、

ツインカムエンジン搭載のケンメリGTRは197台で生産中止となった。

残ったのは、重たい吹きあがりのL型エンジンのGT。

そこでトヨタは挑発的なCMを展開する。

“名ばかりのGTは道を開ける”

はっきりとスカイラインを馬鹿にしたCMだった。

そこで日産はヤワな路線でスカイラインを売り出す。

“愛のスカイライン”というキャッチフレーズで、

若い男女がスカイラインに乗って全国各地を旅するシリーズ。

その男女がケンとメリーだった。

そのCM撮影に登場した木がこれです。

Dscn2019_2

全然、周りの空気が読めない観光客1名。邪魔だっちゅーの!punch

邪魔なので逆側に回り撮影。

Dscn2021

おっと、トラクター発見。

青いトラクター! ケンメリトラクターと名付けよう。

ついでの派手な赤い作業着のオヤジはケン?

メリーはどこだ?

Dscn2018

この次のCMに“哲学の木”だと思われる木が出ている。

ケンメリの木だけではなかったんだ???

これってみんな知っている常識?

GTの哲学“S”登場!って、まちがいないな!

2011年6月27日 (月曜日)

深山峠

富良野から美瑛に向かう深山峠に“トリックアート美術館”があります。

ここの絵は、観る位置により絵が変化したり、飛び出して見えたり、

トリックが細工されて描かれているらしい。

入場料¥1300は高いので、入ったことはない。

建物の外観を撮影して終了です。

Dscn2013

となりにある観覧車は¥600だったと思う。

誰も乗ってないぞ!

Dscn2012

峠の天候は雲り。大雪山系も雲に覆われ、ほとんど見えず残念。

Dscn0001

とんがり帽子

JR美瑛駅の横に線路を横断する連絡通路の建物があります。

この町は、本当にとんがり帽子が好きなようです。

Dscn2017

2011年6月26日 (日曜日)

道産子ならではの晩酌

本日、3本目の記事です。

なんか昔の “3本立て¥500” 場末の映画館みたいだ。

留寿都で購入した“シャドークイーン”

妻がフライドポテトを作ってくれました。

Dscn2111_005

気持ち悪いぐらい紫色が鮮やかです。

食感と味は、メークインに近いと思います。

今晩は久しぶりにジャガイモ焼酎 “喜多里”

メークイン発祥の地、厚沢部町のメークイン焼酎です。

シャドークイーンを食って、メークインで一杯やる!

道産子丸出しの晩酌でした。coldsweats01

競馬予想~今週の収支結果12

軸にしたルーラーシップ君。

ゲートが開くと、いきなりよれている。

内枠なので先行策するかと思っていたが、横典は抑えてしまい後方に下げている。

これではダメだ!

この時点で、80%負けを覚悟した。

後方に下げた以上、折り合いを付けて直線勝負!

一か八かの賭け。

じっとしていればいいのに、横典は4頭分外のコースを走らせ徐々に捲っていった。

しかも直線は超大外回し。

これで100%負けを覚悟した。

もう横典にこの馬の騎乗依頼が来ないだろう。

このレースは2200Mだが、ルーラーシップ君は2250M走らされた。

それでも5着と掲示板は確保しているので、やはり強い馬だと再確認した。

しかし、ここまで予想のハズレが続くのは競馬やってから初めてだ。

完全にツキに見放されている感じがする。

勝ったアーネストリーは、2~3番手につけて先行し、粘る作戦は予想通り。

内枠なので、3着ぐらいはあるかな、と思いヒモに押さえたが想定以上に強かった。

阪神のコースと今日の馬場が合っていたし、調子はデビュー以来、

最高のデキと調教師が言っていた通りだった。

サトテツ(佐藤哲三騎手)は、いつもどおりに騎乗し、見事な勝利だ!

ん? サトテツ・・・ 

いつもどこかで聞いている名前だ!

ブエナはさすがの2着。

ちょっと衰えてきたのではと考え評価を下げたことをブエナに謝ります。

競馬予想~宝塚記念(GⅠ)

今年も半年が過ぎようとしています。

本日の予想レースは、阪神競馬場で行われるGⅠ、宝塚記念。

上半期の総決算のレースです。

軸は、近走安定感のあるルーラーシップ。

レースでは好位に付けて、直線サーッと抜け出す、

先行力、スピート、瞬発力、どれも素晴らしい。

阪神内回り2200Mのレースにはピッタリの適性。

相手は、エイシンフラッシュ、ローズキングダム、トゥザグローリー。

現4歳馬はレベルが高い。

ブエナは、昨年が全盛時で少しだけ衰えてきている気がする。

1番人気だがヒモ程度の評価。

大穴的存在は、ハートビートソング。

昨年のダービートライアルの青葉賞で、トゥザグローリーとは半馬身の差の3着。

大外枠だったことを考慮すると互角以上の走りだ。

ここにきて本格化してきて充実している。

大穴一発あるとしたらこの馬だ。

ヒモには押さえておきたい。

あとはヒモに、1、2、10を追加。

■三連複フォーメーション

3-(4・9・14)-(1・2・4・7・8・9・13・14)

18点×100円=1800円

2011年6月25日 (土曜日)

天国と地獄

愛車を修理に出していたのだが完了したと連絡があり、修理工場に取りに行った。

マフラーに付いている排気温のセンサーが故障していたのが原因で、

排気温の警告ランプが点滅していたのだ。

修理代¥22,785。 (;´д`)トホホ…

この出費は痛い!weep

気を取り直して、美瑛までドライブすることにした。

今回は、約1年ぶりにパッチワーク方面に行こう!

札幌の天気は厚い雲に覆われていたが、美瑛は晴れていた。sun

夕方、陽が沈むまでいた。

たしかにこの景色を観ていると、イヤな事も忘れてリフレッシュできる。happy02

毎週、通っているサトちゃんの気持ちが少しだけわかってきた。

しかし、この後、不幸が訪れる。

帰り路、ルート275を走り、東雁木インターまで数キロという地点で

暗闇からいきなり1台のパトカーが登場!

その数十秒後、猛然と追いかけてきた。

ライトをパッシングさせている。

「しまった!やられた!」

パトカーの後部座席に乗せられ、25キロオーバーのキップを切られた。

パトカーのレーダーは、無警戒だった。

しかも、夜9時半ごろ。

はっきり言って、あんな時間帯にあんな場所で張られたら、みんな捕まるよ!

美瑛で楽しくリラックスできた気分が最悪状態に低下。

違反金¥18,000。点数3点。

これもまた痛い出費だ。crying

今日もいろいろな事があった1日だった。   ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

免停にならないように、3ヵ月間おとなしく運転しなきゃ・・・

2011年6月24日 (金曜日)

初夏の百合が原公園

自宅から近いので、たまに行く公園です。

結構、広くて散歩するには良いところですよ。

Dscn1962

Dscn1965

Dscn1972

Dscn1997

Dscn1977

Dscn1984

Dscn2001

Dscn2002

Dscn2006

2011年6月23日 (木曜日)

新鮮な野菜炒め

洞爺湖の帰り、「道の駅」230ルスツに寄った。

こちらの方面に来ると、ここかニセコで野菜を購入することが多い。

朝、もぎ立ての新鮮な野菜を直売所で購入できる。

今の季節は、グリーンアスパラが旬です。

Dscn1952

他にホウレンソウ、長いも、ごぼう、芋(シャドークイーン)を購入。

これだけ買っても、¥760。

Dscn1949

シャドークイーンは濃い紫色していますが、ジャガイモのようです。

皮を剥くとこうなります。eye

Dscn1950_2 Dscn1953_3

Dscn1957

購入した野菜にベーコン入れて野菜炒めの完成。scissors

シャキシャキして新鮮な野菜は美味い!

シャドークイーンも他のジャガイモとは食感が違います。

細長くカットされた赤いやつです。

野菜炒めにはバッチリ合います。

芋焼酎で一杯やりましたわ。happy01

2011年6月22日 (水曜日)

プレゼント

夕張メロードの開所式に来所したお客さんにプレゼントがありました。

オープニングに来ると、いい事あるんですね。happy01

Dscn1951

夕張メロンゼリーと紅白まんじゅう

2011年6月21日 (火曜日)

湖と海を見下ろすHOTEL

レイクヴィラファームから丘の上の高台を見上げると、

ザ・ウインザーHOTEL洞爺が見える。

あそこから観る風景はどんなものだろう?

サミットで利用された超高級HOTEL。

やはり、金持ちは高い位置から見下ろすのが好きなようだ。

Dscn1941

Dscn1945

Dscn1948

Dscn1938

洞爺湖を見下ろせる。

Dscn1946

逆側に回ると、太平洋が見える。 

レイクヴィラファームを訪ねて

レイクヒル牧場でソフトクリームを食べた後は、

さて、どうしたのか?

勘が鋭い方は既に気付いているハズ。

行ってきましたよ!

メジロ牧場! いや、レイクヴィラファーム!

Dscn1918

Dscn1919

メジロライアン  大川慶次郎さんの“ライアン、ライアン”と叫ぶ声が、天国から聞こえました!

Dscn1920

Dscn1921

メジロパーマー 9番人気で宝塚記念、15番人気で有馬記念を逃げ切った、想定外の逃亡者!

メジロマックイーン、メジロライアン、メジロパーマーは、1987年生まれの同期生。

この年代のメジロは強かった!

メジロ、最後の栄光の年代です。

メジロマックイーンは既に他界しており、この2頭には1日も長く生き続けてほしい。

2011年6月20日 (月曜日)

レイクヒル牧場

ルート230、ザ・ウインザーHOTEL洞爺への入口の近くに、

レイクヒル牧場がある。

アイスクリーム、ヨーグルトなどの乳製品の販売と

レストランもあり食事もできる。

なんとなく、ニセコ風の雰囲気があります。

¥350でソフトクリームを購入。

う~ん、味が濃い!

Dscn1917

この看板が目印

Dscn1907

Dscn1909

Dscn1911

フォレスト276大滝

夕張メロードからの帰り、支笏湖~洞爺湖方面を目指してドライブした。

途中、「道の駅」フォレスト276大滝に寄り、超贅沢なトイレに入った。

Dscn1893

なぜか、トイレに電子ピアノ

Dscn1894 Dscn1895

トイレにこれほど金をかけている「道の駅」はないだろう!  無駄と感じるか? 贅沢と感じるか? 気持ち良く使わせて頂きました。

Dscn1901

売店にはフクロウの木彫りが多い。

どうやら、大滝のシンボルのようだ。

Dscn1898

\45000 どんな人が買うのだろう?

Dscn1899

これは何なのか?よく分りません。

2011年6月19日 (日曜日)

競馬予想~今週の収支結果11

全馬ゲートイン完了。

スタートしました。

6番メイショウクオリア、藤岡(佑)騎手、いきなり鞭を連打!

強引を押して逃げに出た。

「エ~ッ? 逃げるのかよ!」

このジョッキーは、無理に逃げるタイプではない。

おそらく厩舎サイドの指示だろう。

4コーナを回り、4番プリッツェンが抜け出す。

そこに外から、3番ホッカイカンティが襲いかかる。

1着ホッカイカンティ、2着プリッツェン、

そして3着争いは3頭並んでのゴールで、写真判定。

メイショウクオリア、コロンバスサークル、ストロングガルーダ。

メイショウクオリアが3着ならば、的中なのだが・・・

嫌な予感がする。

「あ~ ハナ差で、メイショウは4着!」

またしても、4着病の餌食になってしまった!

結局、今週は、土曜日、日曜日、共にメインレースはハズレ!

この連敗街道はどこまで続くのか・・・

競馬予想~五稜郭ステークス

昨日のHTB杯は残念な結果でした。

1着エドノヤマト、2着モズ、3着ラヴィンライフ。

軸に推したレインボーダリアは、4着。

最近、どうも軸馬が外れます。

相手に推した2頭が1・2着で、いわゆる縦目でよくある外れ方。

気を取り直して、本日の予想をします。

函館のメインレースは、五稜郭ステークス。

20代の頃、函館で4年暮らし、

五稜郭のすぐ近くのアパートに、先輩と二人で住んでいました。

思いである地名です。

さて、レースの予想ですが、オープンのハンデ戦で、頭数は少ないが難解なレースです。

今日も武豊は、阪神の重賞には乗らないで函館で騎乗か・・・

さすがに、昨日は勝ってしまった。

今日もそうなのだろうか?

さらに安藤勝己まで来ているではないか!

普通に考えれば、勝負かかりプンプンでこの2頭のどちらかが勝ちそうだが、

それでは面白くない。

軸は、穴狙いで、6番メイショウクオリア。

メイショウの冠名のオーナーは松本さんという方で、日高の零細牧場から

多くの馬を購入している。

社台からは買わない。

日高では絶大なる信頼と支持を得ている、救世主のような存在。

昨年、日高にドライブに行った時、函館で巴賞というレースがあった。

このレースの優勝が、メイショウクオリア。

2着にもメイショウの馬が入り、日高のトレセン施設の案内をしてくれたオジサンは

大いに喜んでいたことを思い出す。

それほど、松本さんは人気があるということだ。

武豊が来ようと、アンカツが来ようと、函館ではメイショウ!

そんな単純な理由で軸にします。

相手は、1番武豊のコロンバスサークル、3番藤田のホッカイカンティ、

そして函館大好きな10番マンハッタンスカイ。

もう1頭、2番ストロングガルーダの復活に期待する。

ヒモに、4番・5番・8番を押さえておく。

■三連複フォーメーション

6-(1・2・3・10)-(1・2・3・4・5・8・10)

計18点×100円=1800円

2011年6月18日 (土曜日)

“夕張メロード”開所式典

朝、7:00。

妻に叩き起こされ、目を覚ます。

今日は、夕張道の駅、“夕張メロード”のオープン日だ。

オープン日には行かなければならない。

これは道の駅完全制覇した男の務めである。

オープン時刻は、午前10:00。

「まだ、間に合うはずだ!」

自分にそう言い聞かせて、身支度を整える。

速攻で、洗顔 and 歯磨きを完了し、出発OK。

サンダーバード風に言えば、“ ラジャー ”

ルート274をひたすら東へ走る。

妻が作ってくれたオニギリを頬張りながら、ひたすら走る。

やがて“マオイの丘公園”の道の駅が右手を過ぎる。

長沼町あたりまで来た。

このあたりに来ると、年初めの栗山町パラダイスオヤジの映像がなぜか蘇る。

更に道東道と並行しているR274を東へ走る。

トンネルをいくつか抜けると、そこは夕張市。

右手に夕張インターを過ぎ、数百メートル進むと左手に“夕張メロード”が現れた。

JR新夕張駅のすぐ前に位置している。

9:15頃到着したのだが、既に近場の駐車場は満車で、

臨時に設置された遠く離れた駐車場まで誘導された。

草むらの駐車場に愛車インスパイアを停めて歩いた。

道の駅の斜め向かいに“さわやかクローゼット”という名のトイレがある。

それを見つけると急に放尿したくなった。

Dscn1868_2 Dscn1869_2

オープンは、10:00だが、9:30~市長の挨拶があるようだ。

それまで少し時間があるので、新夕張駅の駅舎を撮影。

Dscn1870

いよいよ、若い新市長の挨拶です。

そして、テープカット!

Dscn1877_2 Dscn1880 

new パチパチ、めでたくオープンしました! happy01

★道の駅のアルバムをアップしました! 左サイドバーをクリック!

2011年6月17日 (金曜日)

夏競馬が来たよ! 競馬予想~HTB杯

北海道に夏の訪れを告げる“函館競馬”が明日スタートします。

明日、土曜日のメインレースは、11R HTB杯。

HTBとは、北海道テレビのことで、テレビ朝日系列の局です。

このレースは、1000万クラスのハンデ戦。

競馬の世界は、実績(獲得賞金)によってクラスが分れている。

わかりやすく説明すると、相撲の場合は、幕内、十両、幕下、三段目、序二段、序の口と

あるように、競馬の世界にも“戦いの階層”がある。

上から、オープン、1600万クラス、1000万クラス、500万クラス、未勝利戦。

まあ、今回は相撲で言えば、幕下ぐらいのレベルのレースと考えてもらっていい。

このレースの出走馬表を見て、二つ驚いた。

ひとつは、昨年16頭立てのレースであったが、今年はたったの8頭立て。

寂しい・・・

もうひとつは、なんと武豊が来ているではないか!

♪遥々来たぜ函館へ~♪

阪神で重賞レースがあるのに、乗る馬がいないのだろう。

近年、成績が急下降しており、以前のように良い馬に乗れなくなった。

裏開催のローカル、1000万クラスのメインレースのために北海道まで来るとは・・・

武豊、本当にピンチなんだなと思ってしまう。

さて、予想の方ですが、軸は6番レインボーダリア。

前走は、1600万クラスで2着、前々走は牝馬限定GⅢで6着と、ここでは格上の存在。

夏は牝馬、更に北海道は、“男 藤田伸二”と決まっている。

相手は、4番エドノハヤテ、7番ダイアナバローズ、8番モズ。

3着候補のヒモに1番と5番を押さえておきたい。

■三連複フォーメーション

6-(4・7・8)-(1・4・5・6・7・8) 計9点×100円=900円

■馬単マルチ

6-(1・4・5・6・7・8) 計10点×100円=1000円

■TOTAL 1900円

2011年6月16日 (木曜日)

夕張メロード

6月18日、夕張に新しい「道の駅」がオープンします。

“夕張メロード”

夕張メロンの直売所もあるようです。

財政赤字に悩む夕張市を応援するためにも、

夕張メロードに行きましょう!

http://www.hokkaido-michinoeki.jp/data/111/each.htm

2011年6月15日 (水曜日)

札幌まつり

北海道神宮例祭(札幌まつり)が、14日~16日開催されています。

YOSAKOIソーランとは違い、100年以上の歴史がある祭りです。

なんちゃんが過ごした若かりし頃は、YOSAKOIソーランはなかったので、

このお祭りが楽しみでした。

これが終わると、札幌もいよいよ夏を迎えます。

今日、仕事帰りに、大通公園を西から東に歩いていると、

お祭りの山車に遭遇しました。

Dscn1861

Dscn1864

2011年6月14日 (火曜日)

ブルーリバーの橋

美瑛川を通称ブルーリバーという。

白金橋から観る白髭の滝がオススメポイント。

そして、美瑛岳、美瑛富士が美しい。

「青い池」は有名になり人が多いが、こちらはまだそれほどでもない。

Dscn1803

Dscn1820

2011年6月13日 (月曜日)

看板の文字に誘われて

小さな看板が目に入った。

“塔の見える丘”

塔って、あの塔?

看板が示す方向へ歩いて登ると、

やがて素晴らしい景色が広がる。

あの小さく見える塔・・・

どこかで観たことがある風景だ。

でも遠すぎて、なんちゃんのコンデジでは撮影は厳しい。

見えますか???

Dscn1836

更にズームアップすると・・・

(;´д`)トホホ…

画像が粗い。

ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

Dscn1833

2011年6月12日 (日曜日)

いつも通りすぎるところ

ファーム富田。

いつもは通り過ぎてしまう。

ラベンダーの季節には早すぎるが、訪れてみたくなった。

Dscn1735

Dscn1745

Dscn1746

Dscn1750

Dscn1752

Dscn1736

Dscn1738

Dscn1756

Dscn1762

いつも行くところ

美瑛に来ると、必ず寄るところがある。

ひとつは、「青い池」。

その日の「青い池」は、「緑の池」だった。

Dscn1791

もうひとつは、美郷名水。

「青い池」のすぐ近くにある。

1948年頃、美瑛に住むある女性の夢枕に不動明王が現れ、

その不動明王は美沢地区と思われるあたりで土砂に埋もれている。

「助けてくれ」というお告げが幾夜も続いた。

あまりの不思議さに、その女性は家族とともに美沢周辺を数年探し求めた。

4年後の初夏、突然の雷で木陰に避難した際、巨大な古木の陰に清水が

湧き出ており、その流れの下に台座の一部らしいものを見つける。

その周辺を掘ると、なんと苔に覆われた不動明王が現れた。

これが美郷不動尊の由来である。

以来、この地の湧水は不動尊とともに地元住民から大切に保管されている。

美郷名水は大雪山系の伏流水とされ、硬度27の軟水。

毎年定期的に水質検査を実施しており天然水だが安全性は高いそうだ。

・・・以上は、北海道名水ガイドより

さらにバナジウムを含んでおり糖尿病を防ぐ効果があるそうだ。

ポリタンク2個に30ℓ頂きました。

Dscn1783

道の駅~びえい「丘のくら」

美瑛の道の駅は、びえい「丘のくら」。

美瑛サイダーを購入するために寄った。

ありました、ありました!

青い池サイダーと赤麦サイダー。

今回は、赤麦サイダーを買いました!

Dscn1854

レジでお金を支払う時、思わず、「これも下さい!」

スタンプラリー帳を買おうとした。

その瞬間・・・背後から妻の声・・・

「なにやってるの!!」

止められる前に、さっさと金を払い逃げた!

今年は、完全制覇するつもりは毛頭ないが、やはりこれがないとドライブはつまらない。

ゆっくりのんびりマイペースで今年は楽しみます。

今年の1個目のスタンプは、びえい「丘のくら」。

道の駅の写真は左のサイドバーです。

2011年6月11日 (土曜日)

ジェットコースターの路

Dscn1770年甲斐もなく、

行ったり来たり、

遊んでしまった。

ジェットコースターの路。

ブルーリバー

「青い池」には何度か訪れたが、

ブルーリバーは初めてだ。

やはり、本当に青い。

Dscn1796

Dscn1813

Dscn1804

再就職の報告

昨年の9月以来、9ヵ月ぶりに美瑛に来た。

哲学の木に9ヵ月ぶりの挨拶。

「ようやく、決まったよ!」

Dscn1821

クリスマスツリーの木に初対面の挨拶。

「来週から働きます!」

Dscn1851_2

2011年6月 7日 (火曜日)

新たな道

私事ではありますが、再就職が決まりました。

来週の月曜日から新たな仕事をします。

昨年7月に、当ブログを立ち上げ、ちょうど1年が経ちます。

当初は、自分自身の再就職活動を叱咤激励するために始めたのですが、

いつのまにか「道の駅」スタンプラリーになったり、

温泉、湧水、競馬の内容になったり、

支離滅裂なブログとなってしまいました。

そんなブログでも遊びに来ていただいた皆様方にはとても感謝しております。

このブログがあったからこそ、辛い失業期間を耐えることができました。

当面の間、当ブログは継続していく予定ですが、

新たなテーマで、新ブログを立ち上げるかもしれません。

1年間、ありがとうございました。

旭山記念公園からの札幌市街

宮の森の後は、旭山記念公園に寄った。

ここから見える札幌市街の風景が昔から好きだ。

Dscn1700

2011年6月 6日 (月曜日)

宮の森シャンツェ

宮の森シャンツェの観客席最上段で見知らぬ男性と談笑しながら

高校生ジャンパーの練習を見ていた。

中には女性ジャンパーもいた。

90M近くまで飛んだジャンプには、たった二人だけの観客は惜しみない拍手を送る。

「ジャンプ台に来るのは初めてなんですよ。来てよかった。」

「どちらのご出身ですか?」

「私は帯広です。今年で51歳です。」

「そうなんですか!私も同じ51歳になりました。」

同い年ということもあり話がはずみ、暫らく二人でジャンプを応援していた。

今から39年前の札幌オリンピック、このジャンプ台で日本が金・銀・銅を独占したことを

いったいどれくらいの人が覚えているだろうか?

「もう一度、札幌でオリンピックがあるといいですね!」

そう言って、彼を残しその場を離れた。

宮の森シャンツェに吹く緑風は実に爽やかだ。

ひっそりとした雰囲気が山全体を覆っている。

大倉とは違う。一般の観光客なんてほとんど来ないのだ。

たまにこういう時間もいいものだ。

Dscn1691 

2011年6月 5日 (日曜日)

JRA CM紹介

JRAのCMで結構好きなCMを2つほど紹介します。

今のCMより、ず~と良いですよ!

そして、今のCM。

最悪!

競馬予想~今週の収支結果10

当たりません!

全く、当たりません!

今週も軸にしたアパパネはいいポジションを取っていたが、

直線でいつものキレがなく着外に・・・

敗因は分らない。

この程度の実力なのかもしれない。

勝ったのは、リアルインパクト。

穴馬として紹介したとおり、斤量差のアドパンテージが大きかった。

早いもので、翌々週の18日からは夏競馬です。

北海道シリーズ、函館競馬がスタートします。

毎年、夏が来た!という感覚になります。

温泉に浸かりながら一泊二日で行きたいものです。

競馬予想~安田記念

先週のダービーをフジTVで見ていると、

「来週のGⅠは安田記念なので安田美沙子さんがゲストです!」

と言って番組が終了した。

何の関係があるのか?

安田繋がりだけではないか・・・

あまりにも短絡的で軽くてフジTVらしい。

好き嫌いは人それぞれでいいと思うが、

「競馬はオヤジの世界のままにそ~としておいて欲しい」と私は思う。

最近、山ガールだとか釣りガールだとか、

オヤジたちの世界に、遠慮なく踏み込んでくる風潮がある。

山と釣りは許すが、競馬だけはオヤジのものにしておいてくれ。

どうでもいい話はこの辺にしておいて、安田記念の予想をします。

軸はアパパネ。

ウォッカが2年連続で3着以内に来ていることから

超一流の牝馬はここでも通用する。

前走のヴィクトリアマイルでブエナビスタを抑え勝利したことから、

彼女も超一流だ。

相手は、結構難しくて悩む。

逃げるとしぶといシルポート、強烈な末脚のダノンヨーヨー、そしてリアルインパクト。

リアルインパクトはノーマークの存在で穴だ。

3歳馬は、重量が54Kしか背負わない。

これは4キロ差もあり、非常に有利だ。

朝日杯2着、NHKマイル3着と世代ではマイルで一流の存在。

ひょっとすると大駆が期待できる。

大穴は、ローカルの騎乗を捨てて、

GⅠに登場した中館騎乗のリディル。

2歳時には重賞を制覇し、翌年のクラシック候補といわれた馬だ。

故障で実に2年間棒に振った。

前走、新潟のオープンレースを快勝し、更に上昇しているらしい。

中館が新潟を捨て、ここに来るということは、勝算ありと考えているのだろう。

是非、ヒモには押さえておきたい。

ヒモは、1・3・5・10・16

■三連複フォーメーション

8-(2・13・14)-(1・2・3・5・10・13・14・16)

18点×100円=1800円

2011年6月 4日 (土曜日)

北海道物産展

先週の(土)に、ライラックまつりを見に行った後、

東急百貨店で北海道物産展が開催されていた。

各地域の工芸品や名産物があり、凄い混んでいた。

ぷら~っと見て歩いていると、

名寄の道の駅にもある「ソフト大福」を発見した。

昨年、名寄の道の駅に寄った際に買って食べたが、美味しかった。

懐かしくなり、また購入してしまった。

株式会社もち米の里という会社で販売しています。

http://www.mochigome.jp/default.php?cPath=21

一度、お試しあれ。

Dscn1630

2011年6月 3日 (金曜日)

与信審査

○天の会員になっているのだが、

○天銀行に口座を作るとお得なことが分った。

それで申し込みしようとネットで調べていると、

キャッシュカードがクレジットカードと一体化されている。

失業中なので、さすがに審査が通らないだろう・・・

一応、申し込みだけでもしてみるか・・・

数日後、なんと審査が通り、JCB付きのキャッシュカードが届いたぞ!

しかもショッピング枠が50万円。

いくらなんでもこれは過剰与信だろう。

もちろん使ったら支払いはキッチリしますけど、

どうなっているんだろうね?

2011年6月 2日 (木曜日)

裸の画家

前々回のブログで取り上げた画家、渋井一夫のことです。

石狩とどういう繋がりなのか?

昭和8年生まれなので、うちのオヤジ方と同世代だ。

樺太生まれ、札幌商業高校卒、北海学園大学卒。

お~、なんちゃんの大先輩だ!

冬でも海水パンツ一枚で過ごしたことから、“裸の画家”と呼ばれたそうだ。

石狩の海をこよなく愛した人物らしい。

確かに絵を見れば分る・・・

http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/museum/pdf/if0099.pdf

では、大先輩の絵をお楽しみください。

Dscn1654

Dscn1657

Dscn1656

このハマナスの実を食べようとする女性の絵がたまらない!

Dscn1648

Dscn1651

Dscn1652

2011年6月 1日 (水曜日)

番屋の湯

ハマナスの丘公園に行った際に、番屋の湯には寄りませんでした。

撮影だけです。

ここの湯には入ったことがないのですが、

行かれたことがある方は、感想を教えて頂ければ幸いです。

Dscn1672

ホテルの棟は休館になっています。

Dscn1676

日帰り入浴の棟は結構混んでいるよです。

Dscn1673

Dscn1675 

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ