« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土曜日)

こだわり

フォード製のアオトラのホイール。

ちょっとオシャレだと思いませんか?

そう思うのは自分だけか・・・(笑)

おや?

トラクター越しに見えるのは、"誰も来ない木"

少しだけマニアックな構図を狙いました。 ( ´,_ゝ`)ハイハイ

Img_4069_2

2012年6月29日 (金曜日)

初夏の丘

望羊の丘に着いたのは、11時。

青空が広がってきました。

Img_4054


珍しく車と人が・・・

どうやら牧草の刈り取り作業をしているようです。

トラクターを初めてこの丘で発見!

なんとフォード製、外車です。(笑)

カッコイイー!

ホイールは白。

アオトラには、やはり白ですね。

Img_4064

Img_4071

あれっ?

草むらに人が隠れてる・・・

農家の人ではないようです。

Img_4061

2012年6月28日 (木曜日)

いつもの風景

あれから5時間経過。

また、この山の山頂に戻って来た。

太陽が昇り、明るい。

いつのまにか雲海も消えて、麓の鮮やかな景色が眼下に広がっていた。

それは、いつもと同じ、普段どおりの風景。

Img_3994

Img_3999

2012年6月27日 (水曜日)

また、いつか・・・

また、だんだん雲に覆われていく・・・

Img_3898


ついに見えなくなった。

わずか10分の出来事でしたが、この感動は忘れません。

また、いつか、出会えたらいいな。

Img_3900

2012年6月26日 (火曜日)

あの鐘を鳴らしたのは・・・わたし

奇跡が起きる前の尻別岳は・・・

こんなかんじ

Img_3856

私が、"幸せの鐘"を慣らすと・・・

「今、鐘鳴らしたのnanちゃんだったの?」

後からここに上がってきた男はそう言いながら、雲にまみれた尻別岳の撮影に夢中。

Img_3861

その数分後・・・

奇跡は起こった。

Img_3894

視界を遮っていた雲がサーッと消え、尻別岳の山頂から滝のように落ちて行く。

滝雲です。

鐘を鳴らした効果だろうか?

男は、私はどんな思いで鐘を鳴らしたのかを知らない。

だたひたすら撮り続けていた。

2012年6月25日 (月曜日)

神のご褒美

神は、時々ご褒美をくれる。

それは普段の行いが良くて、頑張っている人に・・・

午前4時15分、突然それまで覆っていた雲が姿を消し、目の前に雲海が広がった。

たった10分程度の出来事。

こんな雲海を初めて見た。

Img_3871

2012年6月24日 (日曜日)

New Hair Style

今日、床屋に行ったら、ヘンな髪形にされてしまった。

まずいな~

Img_3842

2012年6月23日 (土曜日)

留寿都村からの橇負山

真ん中の山が橇負山です。

その右奥が尻別岳。

写真の左側に少しだけ見えるのが羊蹄山です。

明日は、橇負山の山頂まで行きますよ!

もちろん、車で・・・

◇留寿都村向丘のあたりからの撮影

Img_2517

2012年6月22日 (金曜日)

尻別岳と森

さあ、塔を探そう!

見つけたかな?

背後にある山は羊蹄山ではないですよ。

尻別岳です。

望羊の丘からは、羊蹄山と尻別岳が並んで眺望できます。

古の時代、アイヌはの二つの山を夫婦と捉えていました。

手前の奥深い森は、霧に包まれることが多い。

このアングルもなかなか捨てがたい。

Img_2574

2012年6月21日 (木曜日)

天使のいたずら

初夏の丘の草原に、"あひる"の絵を描いたのは誰?

Img_2853

2012年6月20日 (水曜日)

遷り変り

第1回珍道中・・・・

それは、4月28日でした。

GWの快晴の日、あの丘はまだ雪原状態だった。

あれから2ヶ月後、今週末はどんな風景を見せてくれるのでしょうか?

下記写真は、6月2日撮影の"誰も来ない木"です。

Img_2861

2012年6月19日 (火曜日)

アカバナ科

イカではありません。

クラゲでもありません。

アカバナ科の植物たちです。

Img_3490Img_3479

Img_3475Img_3495_2

2012年6月18日 (月曜日)

第3回珍道中_Plan2

Plan2のテーマは、朝陽。

下記写真は、A写真家のポストカード。

朝陽を撮影したものです。(右下は夕陽かもしれません)

これがどこなのか?

いまだに謎です。

今回の珍道中で必ず見つけたいと思います。

Img_3496

第3回珍道中_Plan_1

来週は、第3回珍道中に行く予定です。

今回のメインは、橇負山。

狙いは"雲海"

さて、今回は、どんな風景が待っているでしょうか?

1枚目の写真は、ちょっと古いですが、

橇負山山頂から昨年11月に撮影した、晩秋の留寿都村~真狩村の風景です。

Dscn3723_2123

2枚目の写真は、2週間前に撮影した山頂からの写真です。

真狩村美原地区の牧場をズームアップ。

この日の下界は濃い霧に包まれていました。

Img_2764

2012年6月17日 (日曜日)

サボテンオールスターズ

今回は、クイズなしでサボテンの数々をご覧いただきたいと思います。

解説は一切ございません。

学術的な質問は、お断り致します。(笑)

あしからず・・・ m(_ _)m

Img_2938_3

Img_2943_3

Img_2951

Img_2977

Img_2990

Img_3007

Img_2998_2

2012年6月16日 (土曜日)

感性

美味しそうと思うか?

怖いと思うか?

かわいいと思うか?

それは、その人の感性・・・

南羊蹄広域農道の牧場。

黒毛和牛が警戒しながらこちらの様子をうかがっている。

Img_3052

こっちに来るぞ!

Img_3053

怖い顔してる・・・まずい

Img_3054

ビビッてしまい、逃げながらシャッター!

ぶれました。coldsweats01

Img_3056_2

さて、皆さんは、

美味しそうと思いましたか?

怖いと思いましたか?

かわいいと思いましたか?

2012年6月15日 (金曜日)

発表

2週間前に、百合が原公園でサボテンの展示会をやってました。

前日のブログ、私の頭?のような写真は、その時に撮影したものです。

全体の写真はこちらです・・・

Img_2956

こんなサボテン、見たことないですよね。

他にもたくさん珍種を撮影しました。

また、ご紹介したいと思います。

コメントを頂いた皆さん、ありがとうございました!

2012年6月14日 (木曜日)

これ、な~んだ?

おはようございます。

今日は、クイズを出します。

さて、下の写真に写っている物はなんでしょうか?

Img_2958

2012年6月13日 (水曜日)

黄昏

ニセコの道の駅で、A氏のポストカードを見ていたら、

この構図と全く同じ写真がありました。

自分だけの構図だと思ってたのに・・・crying

150円で売ってました。

今回は、モノクロで登場です。

いっそう反省し、たそがれています。

Img_3088

2012年6月12日 (火曜日)

静粛

夜、と言っても、7時半ごろ、

ホテルを抜け出して、サクランボの木に来ました。

日没後に訪れるのは初めてです。

さすがに静粛な雰囲気です。

夜の羊蹄山もなかなかいいな~

Img_3157

2012年6月11日 (月曜日)

トラクターレポート_赤トラ編

緑のトラクターには黄色のホイール!

コーディネートを意識するとそうなるらしい・・・

では、赤のトラクターではホイールは何色なのか?

さっそく現地調査を行いました。

赤トラ、発見!

ホイールは、赤です。

Img_3069

また、発見!

今度は、白です。

Img_3247

3台目、発見!

今度も白・・・

Img_3255

どうやら、白が多いようです。

さすがに黄色はないですね。

合わないということなのか?

2012年6月10日 (日曜日)

幸せを呼ぶ黄色の大橋

ニセコに一泊二日で行ってきました。

しかし、天候が悪く、ず~と曇り空。

羊蹄山の撮影には向かない日です。

今回の被写体は、ニセコの玄関口、『ニセコ大橋』です。

あの黄色の大きな橋です。

幸せを呼んでくれそうです。

◇駐車場から

Img_3185

◇橋の上から

Img_3159

◇尻別川岸から

Img_3199

◇橋の真下から

Img_3211

◇ひとつ北側の橋から

Img_3218

◇真下を走る道路から

Img_3225

2012年6月 9日 (土曜日)

反省する親子の木

道々97号線を北上すると意外と綺麗に羊蹄山を捉えられる場所を発見!

Img_2834

更に北上すると・・・

Img_2836

どこかで見たことがある木が立っている。

あのニセコの『反省する木』によく似ています。

こちらは、親子のようです。

『反省する親子の木』のデビューです。

Img_2839

本日、土曜日はニセコに一泊してきます。

コメントの返信は、日曜日になると思います。

2012年6月 8日 (金曜日)

珍しい構図

洞爺湖の帰り道、

誰だかさんのようにトラクターと畑の撮影に挑戦。

これはある意味で珍しい写真です。

羊蹄山は南側から撮ると形が崩れています。

あまりこの方角からの撮影はしません。(個人的な見解です)

ここは、R230を真狩村美原あたりで西へ曲がったところです。

ビターではなく、ミルクチョコ?

いやMIROかな?

Img_2828

ふと、気が付いた・・・

トラクターのホイールはなぜ黄色なのか?

Img_2831_2

2012年6月 7日 (木曜日)

モヒカン松の営業

皆さん、少しご無沙汰してました。

今年の新人賞最有力候補の『モヒカン松』です。

今回は、"濃霧漂う洞爺湖"を背景に登場させていただきました。

投票の際には、是非、私に1票を・・・

Img_2808

2012年6月 6日 (水曜日)

橇負山_山頂からの羊蹄山

絶景です。

やはり、ここに来て良かった。

Img_2805

Img_2774

2012年6月 5日 (火曜日)

橇負山_山頂を目指せ

ルスツ道の駅で野菜の調達を終えて外に出ると、北の方の空が晴れていた。

目の前にある橇負山がはっきり見える。

これは登るしかないですね。

ルスツリゾート側はシーズン中ということもあり、係員がいて車で登れません。

裏側のルートで山頂を目指します。

この道はダート。

最近はこういう道を走ることが多い。

途中、羊蹄山の姿が見えてきました。

あいかわらず下の方は霧に覆われていますが、上の方はクッキリ。

山頂までもう少しだ!

Img_2743

初夏のトンネル

まだ、天候は回復しない。

シバザクラを見たあとは、ミッションⅡ。

野菜の調達。

ニセコ道の駅で直売所に寄りました。

次に向ったのは、真狩村の樹木園。

久しぶりに、緑のトンネルを撮影。

これから夏に向けて、緑が深くなり、更にトンネルらしくなっていくでしょう!

Img_2716_2

2012年6月 4日 (月曜日)

芝桜の丘

京極町の隣に倶知安という町があります。

羊蹄山の北西部に位置します。

ここには有名なシバザクラがある。

曇り空の方が太陽光の反射がなくて綺麗にみえます。

晴れてなくて良かった!

Img_2673

おやっ? ここにも羊蹄山がありますね。

右側にはニセコ連峰。

このシバザクラの丘は、再現して作られているようです。

お見事です。happy01

Img_2660

羊蹄の湧水_京極町ふきだし湧水

濃霧で撮影にならないので、こういう時は、"ミッション"の遂行を優先して行動です。

まずは、水の確保。

京極町のふきだし公園で、湧水をポリタンク10㍑、ゲット。good

羊蹄山の東山麓に位置する京極町は、名水の里として知られる町。

昭和60年に行われた「日本名水百選」に、北海道ではただ1ヵ所選ばれ、

京極が名水の里として全国的に有名になりました。

ちなみに『望羊の丘』も同じ京極町。

丘から車で10分程度のところです。

Img_2631

多くの人が、ポリタンクを持って訪れます。

Img_2638

ふきだした水は、清流となり流れていきます。

Img_2650

2012年6月 3日 (日曜日)

濃霧の中の丘

街も丘も全てが濃霧に包まれ、何も見えない世界だ。

いつもは背景に羊蹄山が見えるが・・・

午後からの回復に期待しよう。

Img_2611

Img_2599

もちろん、『赤塔』も見えません。


2012年6月 2日 (土曜日)

始皇帝の路

『サトちゃん! あそこの道、クネクネして面白いね』

『あっ!ホントーだ。万里の長城みたいだ!』

それは言い過ぎだろ・・・coldsweats01

Img_2306

2012年6月 1日 (金曜日)

緑深

不気味なぐらい青々とした森になってきました。

北の大地もいよいよ夏に向かい始めましたよ。

Img_2357_2

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ