« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月31日 (火曜日)

あの頃・・・

カノジョ~ お茶しな~い?

数十年前のカビが生えたナンパセリフ・・・

今、突然言われたら、アナタはどう反応しますか?(笑)

Img_7752

2012年7月30日 (月曜日)

羊蹄山と蕎麦の花

ニセコ比羅夫のあたり

蕎麦の花が見事に咲き輝いていた

Img_7772

2012年7月29日 (日曜日)

羊蹄の恵み

倶知安町とニセコ町の境あたりに野菜直売所がある

以前から、とても気になっていた

Img_7733

トマト、なす、きゅうり、ブロッコリー、とうきび、きゃべつ、さやいんげん

結構、買いました

Img_7847

で、こうなった

Img_7851_2

晩飯は、パン1枚とサラダ、ゆできび、野菜炒め・・・

間違いなく、俺は健康だ

2012年7月28日 (土曜日)

夏といえば・・・

夏といえば・・・

キンチョー 

違います

道新・UHB花火大会、4000発の花火

見事でした

5

4

3

2

1

2012年7月27日 (金曜日)

百合が原の番人

百合が原公園のサイロ

行ったことがある方は感じたかもしれませんが

そこだけがなぜか "時代ズレ" している

不思議に思いちょっと調べた

『百合が原公園_サイロの謎』

http://www.city.sapporo.jp/kitaku/syoukai/rekishi/episode/057.html

なるほど・・・

そういうことだったのか

この地域は、烈々布(れつれっぷ)と呼ばれていた

今では誰も知らないだろう

このサイロは、この地域の移り変わりをじっと見続けてきたのです

Img_4932

Img_4928

2012年7月26日 (木曜日)

都会の風

誰かが言った

都会には、風は吹かない・・・

そうかな?

都会には、夜光という風が吹くんだよ

Img_6230

2012年7月25日 (水曜日)

夏だ!海だ!いやメロンだ!

ニセコ道の駅で赤肉メロンを買った

"ニセコ高原の恵みをいっぱい受けました"

"食べごろは25日"

シールにそう書いてある

もう少しの辛抱だ

赤肉の方が好きなんです

なんと1個¥600

どうです?

奥さん、安いでしょ!

メロン1個でこんなに盛り上がる自分が不思議だ。coldsweats01

Img_6195

2012年7月24日 (火曜日)

♪いい湯だな あはは~ん♪

こんな大きな露天風呂に入ったことありますか?(笑)

Img_5738

Img_5739

Img_5748

2012年7月23日 (月曜日)

ベランダからの風景_Ⅱ

暗闇の中、燦然と輝くジャンプ台

明日のメダリストを目指して

夜の空へ踏み切る

Img_6154

2012年7月22日 (日曜日)

ベランダからの風景

夕方5時過ぎ

空がだんだん暗くなっていく

今日も夕焼けはなさそうだ

街のシンボル、テレビ塔にピントを合わせる

Img_6043

夜8時半を過ぎると、空は真っ暗

しかしビルの明かりと車のライトが街を照らす

Img_6184

2012年7月21日 (土曜日)

さよならの丘

赤麦撮影で肩をおとした三人は

夕日が望める小高い丘にいた

これが今日最後の景色

赤麦畑で出会った"babydoll"さんと

この丘で 、さよなら

Img_5682

赤麦鮮弱

強い西日が差しても

赤麦には届かない

なぜなら東側斜面に存在しているからだ

期待した自分が愚かだった

Img_5586

2012年7月20日 (金曜日)

色付く

5月下旬以来の哲学の木

いつのまにか麦畑が黄色く色付いていた

彼はこんな風景の変化を何年見てきたのでしょうか・・・

Img_5463

2012年7月19日 (木曜日)

地平線の彼方から

11:19

パン屋の帰り道

地平線の彼方から

大きな雲が押し寄せてきた

こんなところにパン屋?

あるんです

Img_5279

2012年7月18日 (水曜日)

8色のラベンダーが咲く里

AM9:09、彩香の里、佐々木ファームで撮影開始。

Img_5179


ということは、2時間近くファーム冨田にいたことになる。

ここは人が少なくて穴場らしい。

しかもファーム冨田より高台にあるので見晴らしがいい。

Img_5194

おや?

ラベンダーの向こうに"塔"を発見!

Img_5181

白と紫の共演。

Img_5225

2012年7月17日 (火曜日)

空に浮かぶメロン

7時17分。

ファーム冨田で撮影開始。

既に多くの人が来ている。

日頃、誰もいないところで撮影しているのでこういう環境は苦手だ。

やはり落ち着かない。

集中できない。

露出はメチャクチャ、構図はイマイチ、おまけに人に邪魔される。

そんなわけで、一番のショットは"空に浮かぶメロン" (^^;

綺麗なラベンダーを期待した方、(*_ _)人ゴメンナサイ

Img_5176

2012年7月16日 (月曜日)

花文字映える丘

7月の珍道中は、富良野~美瑛。

メインテーマは、オヤジふたりのラベンダーではなく、夕日に染まる赤麦。

それなのに、なぜか午前5時出発。

途中の岩見沢~三笠のあたりは濃い霧が発生。

もう少し早く出発していれば、朝霧のチャンスだったかも・・・

一発目は、町営のラベンダー園、7時に到着しました。

"なかふらの"の花文字が見えますか?

この文字を撮るために、ゴミ箱のような物に上がり撮影。

底が抜けるんじゃないかとヒヤヒヤしました。(笑)

Img_5096

2012年7月15日 (日曜日)

変形扁桃炎

はい!舌をだして~

べェ~

喉が痛いよ~weep

"のどちんこ"が変形してしまった。。。

Img_4961

2012年7月14日 (土曜日)

ここはカリフォルニア

花菱草が満開。

丘をオレンジ色に染めている。

別名、カリフォルニアポピー。

カリフォルニアの青い空に、いかにも合いそう。

花言葉は・・・・

知りません。(笑)

Img_4576

2012年7月13日 (金曜日)

戯れる恋人たち

四季彩の丘の花園で戯れるカップル・・・

自分もこういう時代があったのかな~

思い出しながら、ニヤリとしてシャッターを切る。

Img_4560_2

Img_4605_2

2012年7月12日 (木曜日)

真夏の主役

四季彩の丘は、向日葵が満開。

8月上旬までの短い期間、北海道も真夏です。

Img_4633

2012年7月11日 (水曜日)

富良野だな

ファーム冨田イースト。

初めての訪問です。

平地なんですね~

ちょっとがっかり。

しかし、やはりラベンダーは美しい。

おや? ラベンダートラクターが来ましたよ!

ボディカラーは、ラベンダー!

ホイールは、ホワイト!

夏の富良野らしい風景です。

Img_4493

2012年7月10日 (火曜日)

初撮りラベンダー

今年の初撮りラベンダー。

アカトラ付きです。(・∀・)イイ!

ファームTOMITAの予定が、麓郷の丘になっちゃいました。

Img_4437

2012年7月 9日 (月曜日)

白樺のつぶやき

さあ、耳をすましてください。

「こんなに朝早くから来るなよ!」

聞こえてきましたか?

はい、あなたは詩人です。

Img_4443Img_4444_3

Img_

2012年7月 8日 (日曜日)

勝手な想像

そろそろラベンダー満開の季節かな?

ということで、富良野まで。

朝2時に出発して、まずは麓郷展望台を目指しました。

行ったことないからネ!

理由?

それは、ここからの朝日が素晴らしいのでは?

と勝手に想像したからです。(o^-^o)

想像したイメージと全然違う風景でした。

Img_4391

なんだこれ?

太陽が膨張してデカすぎる写真になってしまった!

2012年7月 7日 (土曜日)

まったく、暑いぜ!

毎日、暑いですね。

汗が止まりません。

Img_3506

2012年7月 6日 (金曜日)

羊蹄山の恋人

喜茂別町~京極町~倶知安町~ニセコ町と羊蹄山麓を半周し流れる尻別川。

蘭越町で日本海へたどり着き、長い旅もここで終わりとなります。

河口の近くには、日本海を見下ろせる高台がある。

ここからの夕日はおそらく絶景でしょう。

振り返ると、なんと遠くに羊蹄山が見える。

最後まで羊蹄山に見守られながら流れていました。

Img_4327

Img_4334

2012年7月 5日 (木曜日)

江ノ島海岸

名瀑だけでなく、島牧村のもうひとつのウリは美しい海岸。

『江ノ島海岸』

どこかで聞いたことがある海岸・・・

どうしてこの名前になったかは分りません。

Img_4197

Img_4202

美しい砂浜と青く澄んだ海・・・

Img_4200

2012年7月 4日 (水曜日)

夏の倶知安

久しぶりにメイプル街道からニセコ方面に向かった。

倶知安町の農道で水田を発見。

写ってるかな?

残念。weep

ちょっと、水が足りません。

Img_4118

気をとり直して、甘~いミルクチョコレート畑を・・・

Img_4123

2012年7月 3日 (火曜日)

目名峠の風景

国道5号線をニセコから函館方面へ走ると、蘭越町と黒松内町の境に目名峠がある。

峠といっても標高わずか200Mぐらいで、丘と表現した方が適切だ。

一本中の細い道を入ると、丘陵に畑が広がる美しい風景に出会える。

右側に見える樹は、地元産蕎麦の広告でモデルになってます。

『この畑で採れた蕎麦です』というキャッチフレーズ。

この蕎麦は、蘭越の道の駅で売ってますよ。

Img_4149

Img_4158

2012年7月 2日 (月曜日)

龍の道

賀老高原の駐車場より、滝までの往復はおよそ1時間。

軽い気持ちで観光気分で往復できる道ではありません。

足腰の弱いお年寄り、心臓が弱い方、運動靴を履いていない方には無理です。

Img_4245

左側に残雪が多く残ってる山は、標高1520Mの狩場山。

道南では最高峰の山です。

この駐車場より更に奥に進むと、登山道入口があります。

とても挑戦する気にはなりませんが・・・

駐車場より5分程度歩くと、この看板があります。

Img_4251

あと、250Mか・・・

もう少しだな。

で、次に出てくる看板がこれ。

Img_4257

あと700M!!

増えてるじゃないか!

どうなってるんだ!

滝への道は、『龍の道』と呼ばれてます。

ここからが、その『龍の道』。

険しい道の急な階段を下りて行きます。

Img_4260

途中、ブナの巨木を見ながら、原生林の中をひたすら下ります。

Img_4263_3

大きな岩が転がってます。

Img_4267

行きの下りは楽しいですが、

帰りの登りは足の筋肉パンパン、心臓バクバク状態になりました。

2012年7月 1日 (日曜日)

竜神が守る滝

島牧郡島牧村。

あまり聞き慣れないこの村に、日本滝百選にも選定された名瀑がある。

『賀老の滝』

昔、島牧町では砂金が採れたらしく、江戸幕府に取られないように滝に金を隠したそうだ。

竜神が金を守るとされ、『竜神の滝』『飛竜の滝』とも呼ばれる。

また、『ドラゴンウォーター』とよばれる天然の炭酸水が湧き出ている場所がある。

Img_4248

Img_4295

Img_4288

Img_4302

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ