« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木曜日)

豊満雪女伝説

おとうさん

まだ歩くの?

そうだ!

まだまだ歩くんだ!

_1

おとうさん

アレに乗りたい

駄目だ!

自分の足で歩くんだ!

_2

おとうさん

あそこに人がいるよ

あれはおとうさんが会いたかった人だ

おかあさんには内緒だぞ

おまえはここで待ってなさい

_3

そう言い残し

おとうさんはひとりで行ったきり戻ってこなかった

少女は橋の上で凍えながら

いつまでもおとうさんの帰りを待ち続けた

それから数年後・・・

毎年冬になると

この橋の上に

おとうさんを誘う豊満雪女が現れるらしい・・・

2013年2月27日 (水曜日)

食事のお相手

ターブル・ドゥ・リバージュ

大沼にあるオシャレな洋風レストラン

ひとりではちょっと入れないですね

 ↓ ご覧ください

http://www.gengoro.jp/rivage.html

Photo

大沼と駒ヶ岳を見ながらのお食事も悪くないですね

誰と行こうかな・・・

いつもこの近くに駐車して散策しているんですよ

2013年2月26日 (火曜日)

ローカル列車がいく・・・

貴方のPCのスクロールバーでスクロールして下さい

どうです?

ローカル列車が貴方のPCの中を駆け抜けましたか?

Img_2363

Img_2364

Img_2365

Img_2366

Img_2367

Img_2368

Img_2369

2013年2月25日 (月曜日)

大沼と駒ヶ岳_絵葉書Ver

漁港の次に大沼に寄りました

今度は駒ヶ岳を反対側の南側からの撮影です

絵葉書を皆様へプレゼント

_

駒ヶ岳と漁港

豊浦~長万部間は吹雪のため通行止め

豊浦で高速を降ろされました

静狩峠は視界不良

真っ白な世界でどこを走っているのか分らず・・・

Fit君の左前を雪壁に激突させてしまった

しかし噴火湾の街は穏やかです

途中、漁港に寄り、駒ヶ岳を撮影

Photo

そういえば、リクエストで漁港がありましたね

これでミッションクリアかな?

2013年2月24日 (日曜日)

海上桟橋

セメント工場の海上桟橋

どこまでも続いているように見えます

Img_2181

2013年2月23日 (土曜日)

丘の上

豊満雪女を探して郊外へ郊外へ

やがて丘の上の公園にたどり着いた

そこは函館湾を見下ろせる絶景スポットだった

夏にはお花畑の風景が楽しめるそうです

Photo

2013年2月21日 (木曜日)

たそがれ My Time

夕暮れ時は

ここにいるのが一番好きだ

外人墓地の奥ポイント

沈む夕日をひとりで見つめる

Photo

HDRで油彩調に加工しています

2013年2月20日 (水曜日)

豊満な雪女を探して

友の願いは叶えてやりたい

豊満な雪女を探して

函館市の郊外へ郊外へ・・・

ここは函館市赤川エリア

豊満な雪女は見つからなかった

そこには青空に浮かぶ真っ白なカメのような雲と

ふくよかな雪の盛り上がりだけだった

友よ、すまん

Img_2333

2013年2月19日 (火曜日)

大沼散策、、、つづき

大沼の散策道で見つけた樹と草

Photo_32_2

Photo_43

撮影している時は、歯の痛みを忘れることができます



2013年2月18日 (月曜日)

せっかく大沼に来たのに

駒ヶ岳は雲の中

一旦構えたカメラを下げて

足元を見ると

面白い樹木の影が・・・



Photo_2


この写真がアップされる時刻

私は歯医者で歯を抜かれています bearing

2013年2月17日 (日曜日)

柔らかな日差しを浴びて

大沼の散策道を歩いてみました

こんな季節に歩いている人はほとんどいません

しかし、ひとりだけ歩ける細い道がついているんです

ススキでしょうか?

沼の遥か遠くで柔らかな日差しを浴びている

望遠で狙いました 

Img_2253

2013年2月16日 (土曜日)

函館湾の浮かぶ島

島?

違うよ、函館山だよ

久しぶりに木古内町へドライブ

ここからは函館湾に浮かぶ島のように見えるんですよ

2178_2

2013年2月11日 (月曜日)

帰れない函ぼっち

夜の風はとても冷たくて

凍えた指先に息を吹きかける

もう街は眠ろうとしてる

ひとりきりの自分を忘れて・・・

Photo

2013年2月 7日 (木曜日)

海岸通り

港に沈む夕日がとても綺麗ですね

あなたを乗せた船が小さくなっていく・・・

あなたがいつかこの街を離れていくことを

優しいこの腕の中で聞きたくはなかった・・・

Photo

2013年2月 6日 (水曜日)

日没を眺めながら

どんなに忙しくても

どんなに退屈でも

日は昇り、日は沈む

賑やかに暮らしても

たとえ独りぼっちでも

1日という時間の長さは同じだ

これだけは"不変の平等"だね

Photo

元町公園から函館市街の日没後の風景です

五稜郭タワーを発見できましたか?

2013年2月 5日 (火曜日)

惑彩冬景

寒波が襲来した夕暮れ

暖かさが欲しくなる

単調な色彩の冬景色

色彩に憧れる

ハリストス正教会の門をくぐり、後ろを振り返った時・・・

刺激的な色彩に少しだけ惑わされる

そして、冷え切った心と体は少しだけ温もりを感じた

Photo_2

2013年2月 4日 (月曜日)

冬の大三坂

土曜日は雨が降り

日曜日は寒波で冷え込み

道路はツルツル

坂の登り降りは危ないです

さて、今回は、大三坂を紹介します

幅の狭い坂ですが

元町カトリック教会、ハリストス正教会がある有名な坂です

_2

右側にあるピンクの建物はホントにピンクです

誤解されませんように・・・

狂って着色したわけではございません。(笑)

2013年2月 3日 (日曜日)

夜の基坂

日没直後の基坂

犬を連れた女性が登って来ます

犬も人間もツルツルの道に滑りながら歩いています

こんなオシャレな坂を愛犬と散歩

イイですね

すれ違い際に

撮影の邪魔になってると思ったのか

「すいません・・・」

控えめなその表情が

とても素敵でした

_1

坂の頂上には、旧函館区公会堂があります

ライトアップされ、美しく輝いていました

Photo

2013年2月 2日 (土曜日)

無限坂

どこまで上がればいいの?

到着点のない無限坂・・・

人生って、そんなもんですかね

あなたといっしょに

一歩、そしてまた一歩・・・

Photo

今回は、サトちゃん@さんからのコメントをヒントに作りました

2013年2月 1日 (金曜日)

遠くで汽笛を聞きながら

今日から2月です

北海道は一番寒さが厳しい季節です

今回の写真は前回の写真の反対側

そう、いつもの坂から海をみた風景

Photo

連絡船の汽笛が聞こえてきますか?

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ